【前編】帰省のお金(交通費)を抑えるために考えたこと(高速バス、自動車)

高速バスの車内節約ネタ

お盆やお正月に帰省する方にとって、帰省にかかるお金のうち、交通費はかなり大きいウェイトを占めているという方は多いのではないでしょうか。

本記事ではお盆やお正月に帰省する際の交通費を抑える方法を前後編の2回に分けてご紹介したいと思います。
前編では、高速バス、自動車。後編では電車、飛行機をご紹介したいと思います。
まず、交通手段について交通費が安い順番に並べてみます。なお、一般的な移動時間や快適さは逆の順番になると思います。
なお、帰省の期間や帰省先、人数などでこちらの順位が変動する可能性もあるかと思うので、予めご了承ください。

広告

交通手段

  1. 高速バス
  2. 自動車
  3. 電車
  4. 飛行機

次に各交通手段で交通費を抑える方法を検討したいと思います。

高速バス

高速バスの中でも運営会社によって、料金が異なります。

・料金が極端に安い場合、座席の間隔が狭かったり、安全性が気になります。
・長時間になる場合、体が痛くなることがあるので携帯用の枕やクッションがあると
 便利です。
・耳栓やアイマスクもあると便利です。

利用する高速バスを比較検討する場合には下記のようなWeb予約サービスを利用しています。

自動車

自身で運転する必要があるので、距離が長い場合、疲労度は一番大きいかもしれません。
また、事故のリスクも最も大きいかもしれません。

自家用車

別途、ガソリン代、高速料金を考慮する必要があります。

カーシェアリング

カーシェアリングの場合、レンタカーと違ってガソリン代も利用料金に含まれているケースが多いです。したがって、そのようなケースの場合はガソリンを満タンにして返却する必要がありません。
また、大手カーシェアリングサービスは比較的新車に近い状態の車が多かった印象です。
近くにステーションがあるサービスを利用するのがおすすめです。
普段は自動車を利用しないという方は、入会金、月会費なしのサービスに登録しておくほうがよいかもしれません。

・時間や距離に応じた料金が一般的です。
・基本的に乗り捨てはできません。
・冬期の場合、別途スタッドレスタイヤのオプション追加も考慮する必要があります。
・ファミリーの場合、チャイルドシートやジュニアシートが必要になるかもしれません。
・高速道路を利用する場合は高速料金を別途考慮する必要があります。


カーシェアリングのサービスは次の通りです。

    1. タイムズカー(入会金、月会費あり)
    2. careco|カレコ・カーシェアリングクラブ(入会金、月会費なし)
    3. オリックスカーシェア(入会金、月会費あり)
    4. ニッポンレンタカー カーシェアリング(月会費あり)
    5. earthcar(入会金、月会費なし)
      車種が豊富でNSXを借りることもできるようです。
      赤のNSX

      出典:earthcar

レンタカー

・ガソリンを満タンにして返却する必要があります。
・ガソリン代を別途考慮する必要があります。
・日数や時間に応じた料金が一般的です。
・冬期の場合、別途スタッドレスタイヤのオプション追加も考慮する必要があります。
・ファミリーの場合、チャイルドシートやジュニアシートが必要になるかもしれません。
・高速道路を利用する場合は高速料金を別途考慮する必要があります。
    1. オリックスレンタカー
      店舗数も信頼性も高い印象です。
      レクサスなどの高級車をレンタルできる「スポーツカー体感キャンペーン」もあるようです。
    2. トヨタレンタカー
    3. ニコニコレンタカー
      中古車レンタルになります。
      カーナビのデータが古かったりするので要注意です。
    4. ニッポンレンタカー
    5. ガッツレンタカー

まとめ

前編では帰省の交通手段として、高速バス、自動車をご紹介しました。
帰省の交通手段の一つとしてご参考になれば幸いです。
費用だけでなく、所要時間、快適さ、旅程のバランスも重要かもしれませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よかったら、下のボタンから支援やフォローもしくはシェアをしていただけるとうれしいです。

広告

コメント