楽天のポイントアップキャンペーンへのエントリーを一部自動化してみた(無償版PowerAutomateDesktop編)

白い服を着た赤ちゃんスキルアップ

楽天のサービスを利用する上でポイントアップキャンペーンへの事前のエントリーは重要です。
でも、複数のキャンペーンのエントリーは面倒くさかったり、忘れがちですよね。
本記事ではPowerAutomateDesktop(PAD)を用いてキャンペーンへのエントリーを一部自動化する手順をご紹介します。
PADで設定するのは面倒くさい!という方は、キャンペーンエントリーURLを一括で開くボタンを用意しましたので楽天にログイン後にこちらのボタンを押してください。

楽天ポイントアップキャンペーン一括エントリーボタン

ボタンを押すと別タブでポイントアップキャンペーンのエントリーページがまとめて開かれます。

Javascriptで作成しているため、ポップアップの許可が必要になります。

ポイントアップキャンペーンって何?PowerAutomateDesktopって何?という方はまずはこちらの記事をご覧ください。

広告

結論

今回は下記の手順を自動化します。

  1. 楽天市場にログインする
  2. ブラウザで各キャンペーンエントリーのURLを開く
エントリーのボタンは手動でクリックする必要があります

次に用意が必要なものです。

用意するもの

  • Windows10とPADがインストールされたPC
  • Microsoftアカウント
  • 楽天アカウント
  • Webブラウザ
    ※「Internet Explorer」(IE)は2022年6月15日にサポート終了予定

では、具体的な手順になります。

具体的な手順

PADを起動する

新しいフローを作成する

アクションを登録する

  1. 「アクション」の「新しい Chrome を起動する」を登録する
    1. 「初期URL」に楽天へのログインURLを入力する
    2. 保存する
  2. 「アクション」の「Web ページ内のテキスト フィールドに入力する」を登録する
    1. 「UI要素」にユーザIDを入力するテキストボックスを指定する
    2. 「テキスト」にユーザIDを入力する
      ※暗号化したい場合は「ダイレクト機密テキストの入力」を選択
    3. 保存する
  3. 「アクション」の「Web ページ内のテキスト フィールドに入力する」を登録する
    1. 「UI要素」にパスワードを入力するテキストボックスを指定する
    2. 「テキスト」にパスワードを入力する
      ※暗号化したい場合は「ダイレクト機密テキストの入力」を選択
    3. 保存する

  4. 「アクション」の「Web ページのボタンを押します」を登録する
    1. 「UI要素」にログインボタンを指定する
    2. 保存する
  5. 「アクション」の「新しいタブを作成」を登録する
    1. 「移動先のURL」にキャンペーンエントリーページのURLを入力する
    2. 保存する
      エントリーするキャンペーンページの数だけ手順5を繰り返す
      主なキャンペーンエントリーページのURLは下記の通り
      https://event.rakuten.co.jp/campaign/rank/point/
      https://event.rakuten.co.jp/campaign/point-up/wonderfulday/
      https://event.rakuten.co.jp/guide/freeshippingline/campaign/
      https://event.rakuten.co.jp/campaign/card/pointday/
      https://event.rakuten.co.jp/campaign/supersale/
      https://event.rakuten.co.jp/campaign/sports/
      https://event.rakuten.co.jp/campaign/point-up/marathon/

以上の手順でPADの自動化フローを作成後の画面イメージは以下の通りです。

楽天キャンペーンエントリー自動化のPADフロー

楽天キャンペーンエントリー自動化のPADフロー

実行する

手動で各エントリーページのエントリーボタンを押す

手順は以上になります。
お疲れさまでした。

広告

まとめ

今回は楽天へのログイン、キャンペーンエントリーページの表示を自動化しました。
「アクション」を追加することで「キャンペーンエントリーページの追加」や「エントリーボタンのクリック」の自動化も可能ですのでよかったら挑戦してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よかったら、下のボタンからフォローやシェアをしていただけるとうれしいです。

コメント