PowerAutomateDesktopでエラーが発生して、「Webページのボタンを押します」がうまく動作しない💢!

スキルアップ

Power Automate Desktop(以降、PADと呼びます)の「Webページのボタンを押します」アクションだとボタンが押せない!どういうこと!?そんなことはないでしょうか。そんなときのための代替案についてご紹介します。

「Power Automate Desktop」って何?

最近のロボットの進化って驚異的だね

という方は、まずはこちらの記事をご覧ください。

¥2,200 (2021/12/13 22:55時点 | Amazon調べ)

結論

  • 「キーの送信」アクションを挟んでみる
  • 「マウスを画像に移動します」アクションを試してみる
対象のWebページの仕様が変更されてボタン画像が変わった場合は再度新しい画像で設定する必要があります。

広告

「キーの送信」アクションの設定手順

この手順では「Webページのボタンを押します」アクションの前に「キーの送信」アクションを入れます。

  1. 左上ににある「アクションの検索」の窓に「キーの送信」と入力する
  2. 「キーの送信」をダブルクリックする
  3. 「送信するテキスト」項目に「{Down}」と入力する
  4. 「保存」をクリックする
  5. 作成した「キーの送信」アクションを動作していない「マウスを画像に移動します」アクションの前に移動する

登録が完了したら実行してみましょう。
こちらの手順でうまくいかない場合は次の手順を試してみてください。

「マウスを画像に移動します」アクションの設定手順

新しいブラウザを起動を起動するアクションを登録する

  1. 「+新しいフロー」をクリックする
  2. 左上ににある「アクションの検索」の窓に「新しいChromeを起動する」と入力する
    ※Chrome以外のブラウザを使用する場合は別のブラウザを起動するアクションを選択してください。
  3. 「新しいChromeを起動する」をダブルクリックする
  4. 「初期URL」項目にアクセスしたいページのURLを入力する
  5. 「保存」ボタンをクリックする

広告

「マウスを画像に移動します」アクションを登録する

  1. 左上ににある「アクションの検索」の窓に「マウスを画像」と入力する
  2. 「マウスを画像に移動します」をダブルクリックする
  3. 「画像のキャプチャ」をクリックする
  4. 押したいボタンを表示し、その範囲を選択する
  5. 「画像が正常にキャプチャされました」というウィンドウが表示される
  6. 「OK」ボタンをクリックする
  7. 「マウスの移動後にクリックを送信します」を有効化する
  8. 「保存」ボタンをクリックする

以上となります。登録が完了したら実行してみましょう。

まとめ

「Webページのボタンを押します」アクションの代替えとして「マウスを画像に移動します」アクションを利用することができます。Webページ以外のボタンを押すことにも利用できますので活用してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よかったら、下のボタンからフォローやシェアをしていただけるとうれしいです。

コメント