【個人家計管理】資産を管理するためにエクセルで資産表を作ってみた(テンプレートあり)

スキルアップ

あなたは毎年健康診断を受けていますか?
ご存知の通り、体の健康状態を確認するには健康診断が有効ですよね。
では、家計の健康状態を確認するにはどうしたらよいでしょうか?
それには資産表を作成するのがおすすめです。
資産表とは資産と負債の状況を整理した表になります。
資産と負債の状況を確認することで家計の健康状態がわかります。
私は年に1回資産表を作成しているのですが、今回はこの資産表の作成手順をご紹介したいと思います。
まずはこの資産表の最終的なアウトプットからです。

広告

資産表の最終的なアウトプット

資産表の最終的なアウトプットはこのような資産や負債のカテゴリ別の円グラフになります。
下記は私の実際の資産と負債の比率になります。

資産表の最終的なアウトプット(円グラフ)

次に資産表の全体的な構成です。

資産表の全体的な構成

資産表は「金融資産」、「負債」、「非金融資産」の3つから構成されています。

資産表金融資産
負債
非金融資産
資産表では下記①~③を算出しています。
 ①正味金融資産 = 金融資産 ー 負債
 ②資産 = 金融資産 + 非金融資産
 ③純資産 = 資産 ー 負債
資産表(エクセル)

資産表

なお、エクセルファイルはnoteで有料で公開していますので次のリンクからダウンロードください。
※エクセルファイルには計算式も入っています。

次に各項目についてご説明します。

「金融資産」について

「金融資産」は現金化できる資産で、次の2つに分けられます。

  1. 「即換金性(高)」→現金化しやすい
  2. 「即換金性(低)」→現金化しづらい

「即換金性(高)」、「即換金性(低)」の内訳は次の通りです。

金融資産即換金性(高)

・現金
・預金
・株、投資信託
・商品券、ポイント
 など

即換金性(低)

・保険積立金(貯蓄性あり)
・定期預金
・社債
・国債
・iDeCo
・公的年金
・退職金
・自社株
 など

公的年金の算出方法についてちょっと悩みましたが、私の算出方法は次の通りです。

公的年金の算出方法

公的年金はねんきん定期便やねんきんネットから算出できます。
私の場合は、ねんきんネットから算出しました。手順は次の通りです。

  1. ねんきんネットにログインする
  2. 「年金記録を確認する」をクリックする
    ねんきんネットのトップ画面
  3. 「一覧で年金記録を確認する」をクリックする
    ねんきんネットの「年金記録を確認する」画面
  4. 「年金見込額(年額)」を確認する
  5. 確認した額面に想定される受給年数をかける
    私は65~80歳までの15年間受給すると想定したので確認した額面を15倍しました。

次に負債についてご説明します。

広告

「負債」について

「負債」はいわゆる借金になります。
内訳は次の通りです。

負債

・住宅ローン
・教育ローン
・自動車ローン
・カードローン
・奨学金
・クレジットカード残債
・後払い(リボ払い、分割払い、メルぺースマート払いなど)
・キャッシング
・事業・投資用融資
 など

次に非金融資産です。

「非金融資産」について

非金融資産は「実物資産」と「無形資産」から成ります。

「実物資産」とは不動産、土地、自動車など実体のある資産です。
「無形資産」はブログ、仮想通貨など実体のない資産です。

非金融資産実物資産

・投資用不動産
・マイホーム
・土地
・車両
・貴金属
 など

無形資産・ブログ
・仮想通貨
 など

「投資用不動産」、「マイホーム」、「土地」の金額の算出方法

「投資用不動産」、「マイホーム」、「土地」の金額の算出には次の2つのサービスが便利です。

  • ウチノカチ
    個人情報などの登録なしでかつ無料で相場を調べることができます。
  • イエウール
    複数社から一括で無料査定を提示してもらうことができます。
    ただし、
    ・個人情報の登録が必要です
    ・登録した電話番号に不動産査定会社から電話がかかってきます
    ・不動産査定会社の担当者が物件を直接確認することがあります
  • HowMa
    AIが無料で瞬時に査定します。
    ※会員登録が必要です。

広告

まとめ

本記事では資産表についてご紹介しました。
家計の健康状態を把握して、体も家計も健康な状態を維持したいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よかったら、下のボタンからフォローやシェアをしていただけるとうれしいです。

コメント