楽天モバイルの「あんしんコントロール by i-フィルター」(月額330円)を利用せずに無料でフィルタリングを設定する方法

節約ネタ

皆さんスマートフォンの通信会社はどちらを利用されていますか。
楽天モバイル の「 Rakuten UN-LIMIT V 」をご存じでしょうか。
通話料金は基本無料、データ通信料が1GBまでなら月額0円というかなり画期的なプランを提供しています。また、2021年5月現在では初めての契約者にはポイント還元キャンペーンが継続中のようです。
楽天モバイルで契約する方が18歳未満の場合、フィルタリング設定が義務化されているので、「あんしんコントロール by i-フィルター」月額330円への加入が必要となります。という説明を受けている方もいるのではないでしょうか。
こちらのオプションですが、ほかのサービスを代用すれば加入しなくても対応することが可能なのをご存じでしょうか。

広告

結論

  1. お子さんのスマートフォンがAndroidの場合、「Googleファミリーリンク」アプリでフィルタリングの設定ができる
  2. お子さんのスマートフォンがiPhoneの場合、「設定」の「スクリーンタイム」でフィルタリングの設定ができる
  3. 「あんしんコントロール by i-フィルター」は申出書を提出すれば解約できる

以降で詳細について説明していきます。

解説

お子さんのスマートフォンがAndroidの場合、「Googleファミリーリンク」アプリでフィルタリングの設定ができる

「Googleファミリーリンク」アプリはGoogle社が提供しているアプリで、主に下記のような機能があります。具体的な設定手順についてはGoogle公式サイトをご覧ください。
※保護者、お子さんの両方のスマートフォンにアプリをインストール必要があります
※保護者の方のスマートフォンがiPhoneでもこちらのアプリをインストールできます

  • スマートフォンの利用状況を管理できる
  • Webコンテンツへのアクセスを制限できる
  • 利用時間を管理できる
  • 位置情報を確認できる

お子さんのスマートフォンがiPhoneの場合、「設定」の「スクリーンタイム」でフィルタリングの設定ができる

「スクリーンタイム」の機能はApple社が提供している機能で、主に下記のような機能があります。具体的な設定手順についてはApple公式サイトをご覧ください。

  • スマートフォンの利用状況を管理できる
  • Webコンテンツへのアクセスを制限できる
  • 利用時間を管理できる
  • 位置情報を確認できる

広告

「あんしんコントロール by i-フィルター」は申出書を提出すれば解約できる

18歳未満の方が「あんしんコントロール by i-フィルター」を解約される場合は、保護者が申出書を楽天モバイルへ郵送する必要があります。具体的な手順については楽天モバイル公式サイトをご覧ください。

まとめ

有料のフィルタリングサービス「あんしんコントロール by i-フィルター」の代替の無料サービスとして、Androidの「Googleファミリーリンク」とiPhoneの「スクリーンタイム」をご紹介しました。
無料のサービスを利用して、スマートに節約しましょう。
なお、前述のフィルタリングサービスを使用してもLINEやTwitterなどではアプリ内ブラウザを使用することで、フィルタリングを回避することができてしまいます。そちらの対策についてはこちらの記事をご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よかったら、下のボタンからフォローやシェアをしていただけるとうれしいです。

コメント