無償版Power Automate DesktopでWebページをキャプチャして、メール(Outlook+Gmail)で送信する方法

スキルアップ

本記事では無償版PowerAutomateDesktop(以下、PADと呼びます)を利用して、Webページをキャプチャした画像を保存し、Gmailアカウントを設定したOutlookでメールを送信する方法をご紹介します。

PADっておいしいの?

という方は、まずはこちらの記事をご覧ください。

広告

用意するもの

  • Windows10のPC
  • PowerAutomateDesktop(PAD)
  • Outlook
  • Gmailアカウント
  • Webブラウザ
    ※「Internet Explorer」(IE)は2022年6月15日にサポート終了予定

手順

OutlookにGmailアカウントを設定する

1.Microsoft公式ページの手順に基づいて、GmailアカウントをOutlookに追加する

Webページをキャプチャする

  1. PADを起動する
  2. 「新しいフロー」もしくは既存のフローの「編集」アイコンをクリックする
  3. アクション「新しい Internet Explorer を起動します」をダブルクリックする
  4. 「初期URL」を入力する
  5. 「保存」ボタンをクリックする
  6. アクション「Web ページのスクリーンショットを取得します」をダブルクリックする
  7. 「Web ブラウザー インスタンス」を選択する
  8. 「キャプチャ」を選択する
  9. 「保存モード」で「ファイル」を選択する
  10. 「画像ファイル」で保存先を指定する
    下の図は保存先に「C:\tmp\sample.gif」を指定した例
  11. 「ファイル形式」を選択する
    下の図は保存先に「GIF」を指定した例
  12. 「保存」ボタンをクリックする
  13. アクション「Web ブラウザーを閉じる」をダブルクリックする
  14. 「Web ブラウザー インスタンス」を選択する
  15. 「保存」ボタンをクリックする

広告

メールを送信する

  1. アクション「Outlook を起動します」をダブルクリックする
  2. 「保存」ボタンをクリックする
  3. アクション「Outlook からのメール メッセージの送信」をダブルクリックする
  4. 「アカウント」に使用するGmailアカウントを入力する
  5. 「宛先」に宛先のメールアドレスを指定する
  6. 「件名」にメール件名を入力する
  7. 「添付ファイル」にキャプチャ画像の保存先を入力する
  8. 「保存」ボタンをクリックする

以上になります。お疲れさまでした。

まとめ

こちらのフローは、フローの実行結果をメールで送信するなどといったことにも利用できますね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よかったら、下のボタンからフォローやシェアをしていただけるとうれしいです。

コメント