Windowsで利用できるおすすめの画面キャプチャ(スクリーンショット)のためのフリーソフトについて(基本インストール不要)

スキルアップ

画面キャプチャは無料でできたけど、モザイクかけるためには課金が発生するの!?

フリーソフトで画面キャプチャとモザイク加工の両方ができるソフトはないの?

そんな時に、Windowsでお金をかけずに画面キャプチャおよび、モザイク加工する方法をご紹介します。できるだけインストール不要でできる方法をご紹介します。
まずは結論からお伝えします。


広告

結論

本記事で紹介するのはこの3つです。

  1. Webページのキャプチャなら、「FireShot」
  2. 最も手軽な画面キャプチャなら、Windowsキー+Shift+S(インストール不要)
  3. モザイク加工なら、「キャプラ」(インストール不要)

次に詳細について、お伝えします。

Webページのキャプチャなら、「FireShot」(フリーソフト)

GoogleChrome」の無料で利用できる拡張機能になります。
インストールはchromeウェブストアの「ウェブページ全体をスクリーンショット-FireShot」からどうぞ。

「FireShot」の使い方

  1. Chromeに「FireShot」をインストールする
  2. 右上のパズルピースの形のアイコンをクリックする
  3. 「FireShot」を固定表示に設定する
  4. 右上の「S」のアイコンをクリックする
  5. 表示されたページを閉じる
  6. 画面キャプチャをとりたいWebページを表示する
  7. 右上の「S」のアイコンをもう一度クリックする
  8. 表示されたいずれかの操作を選択する
    • ページ全体をキャプチャ
       スクロールが必要な場合はスクロールされて、ページ全体がキャプチャされます。
    • 表示部分をキャプチャ
    • 選択範囲をキャプチャ
       マウスで選択した範囲がキャプチャされます。

広告

最も手軽な画面キャプチャなら、Windowsキー+Shift+S(インストール不要)

表示されている画面を単純にクリップボードにコピーしたい場合はこの方法がおすすめです。
キャプチャしたい画面を表示して、Windowsキー+Shift+Sを押すと画面がグレイアウトされるので、マウスでキャプチャしたい範囲を指定するとその部分がクリップボードにコピーされます。
画像に変換したい場合は、次に紹介する「キャプラ」に貼り付けて画像形式を指定して保存します。

モザイク加工なら、「キャプラ」(フリーソフト、インストール不要)

画面キャプチャおよび、モザイク加工などが可能なフリーソフトです。
2011年から更新されていないため、画面キャプチャの一部機能は十分に動作しないことがあります。そのため、画面キャプチャは他の方法で行って、モザイクなどの加工処理は「キャプラ」でするという使い方をしています。ちなみに、私のWindows10では動作することを確認しています。
「キャプラ」で画像を加工する方法は次の通りです。

広告

「キャプラ」で画像を加工する方法

  1. 「キャプラ」を「Vector」(ソフトウェアライブラリ)からダウンロードする
  2. ダウンロードしたファイルを解凍する
  3. 「CapWrite.exe」をダブルクリックする
  4. 加工したい画像を貼り付けるか、開く
    1. 貼り付けたい場合は「Ctrl+V」で貼り付けられます
    2. 開きたい場合は「ファイル」>「画像ファイルを開く」で開きたい画像を指定します
  5. 画像を加工する
    1. 赤枠で囲みたい場合は図形を選択し、囲みたい範囲をマウスで囲む
      「線の色」や「線の幅」も指定できます
    2. モザイクをかけたい場合
      1. モザイクをかけたい範囲を選択する
      2. モザイクアイコンをクリックし、モザイクの粒度を指定する(10を指定した場合)


      3. 「OK」ボタンを押す

広告

まとめ

私は、「FireShot」か「Windowsキー+Shift+S」のいずれかで画面をキャプチャし、キャプチャした画像を「キャプラ」で加工しています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よかったら、下のボタンから支援やフォロー、シェアをしていただけるとうれしいです。

コメント