無償版Power Automate Desktop(PAD)の定期的な自動実行の方法~タスクスケジューラなし編

スキルアップ

以前、Power Automate Desktop(以下、PAD)のフローをタスクスケジューラで定期実行する方法をご紹介しました。タスクスケジューラだとPADのフロー実行がうまくいかないという方向けにPADで完結する自動実行の方法をご紹介したいと思います。

PADっておいしいの?

コンビニで売ってるの?

という方は、まずはこちらの記事をご覧ください。

広告

結論

PADの下記アクションを使用することでPAD単体で定期的にフローを自動実行することができる

  • 「ループ」の「ループ条件」
  • 「遅延」の「Wait」
 定期実行したいフローは常時「実行中」の状態にしておく必要があります

用意するもの

  • Windows10
  • Power Automate Desktop(PAD)
  • 実行したいPADのフロー

広告

手順

  1. PADを起動する
  2. 「新しいフロー」もしくは既存のフローの「編集」アイコンをクリックする
  3. アクション「ループ」の「ループ条件」をダブルクリックする
  4. 「最初のオペランド」項目に「1」と入力する
  5. 「演算子」項目は「と等しい(=)」を選択する
  6. 「2番目のオペランド」項目に「1」と入力する
  7. 「保存」ボタンをクリックする
  8. 定期実行したいアクションを「ループ条件」から「END」で囲む
  9. アクション「遅延」の「Wait」をダブルクリックする
  10. 「期間」項目に実行間隔の秒数を入力する。
    例えば、5分間隔で実行したい場合は、「300」(5×60秒)と入力する
  11. 「保存」ボタンをクリックする
  12. 手順10で作成したアクションを「END」の直前に移動する

以上で、手順10で入力した秒数の間隔でフローが実行されるようになります。

広告

まとめ

本記事ではタスクスケジューラを使わずにPADのアクションを利用することでフローを定期自動実行する方法をご紹介しました。
なお、自動実行を設定後にフローが失敗することがあります。
例えば、パソコン環境の変更、操作対象のシステムの仕様変更、不具合などといったことに起因する失敗です。このようなリスクに対応するためにはPADの常時監視が有効です。PADの常時監視についてはこちらの記事をご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よかったら、下のボタンからフォローやシェアをしていただけるとうれしいです。

コメント