WiMAXルーターのWX06の電池の持ちが悪いと感じてやったこと

節約ネタ

WiMAXモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX06」を購入して半年ほど経過しました。

ずっと充電しっぱなしで通信速度を最優先させる「ハイパフォーマンスモード」で使用していたせいか、電源に接続していない状態だと、説明書に記載されている連続通信時間約8時間20分の半分程度の時間しか電池が持たなくなっていました。

その際、解決するために行ったことをご紹介します。

広告

結論

  1. 電池パックの交換を検討する
  2. モバイルバッテリーを携帯する
  3. 「ECO(電池優先)」モードに変更する
  4. 修理を申し込む
  5. 「Wi-Fi周波数設定」を「2.4G,5G個別」に変更する
  6. 「ロングライフ充電」をONにする

次にそれぞれについてもう少し詳しく説明していきます。

電池パックの交換を検討する

「Speed Wi-Fi NEXT WX06」は簡単に電池パックを交換できます。
電池パックは3,000円程度となるため、他の方法がないか探してみることにしました。

広告

モバイルバッテリーを携帯する

モバイルルーターの電池が切れてしまった場合は、モバイルバッテリーを使用するという方法がありますが、モバイルバッテリーを普段持ち歩くのが面倒なのでほかの方法を模索することにしました。
ちなみにダイソーだと100~500円で手軽にモバイルバッテリーが手に入ります。

「ECO(電池優先)」モードに変更する

モバイルルーター本体の設定を「ECO(電池優先)」モードに変更すると、連続通信時間が約14時間になります。だだし、通信速度が犠牲になり、モードを変更すること自体が面倒だったため、他の改善策がないか模索することにしました。ちなみに「ECO(電池優先)」モードの設定手順は下記の通りです。

  1. モバイルルータ本体の液晶画面で右へスライドする
  2. 「設定」をタップする
  3. 「ECO」をタップする
  4. 「省電力モード」をタップする
  5. 「ECO(電池優先)」をタップする

修理を申し込む

モバイルルーター本体の無償保証期間がまだきれていなかったため、ダメ元で修理に申し込んでみました。契約しているプロバイダーに問い合わせた際のやりとりは下記の通りです。

通信環境や利用状況によって電池の持ちは変わりますね。

購入当初と現在で通信環境は同じなのですが、
電池の持ち時間は半分ぐらいになっています。

ちょっと、実際に動作を検証させていただく形になりますね。

動作を検証いただくにはどうすればよいですか?

auショップに本体をお持ちください。
その際、保証書、身分証明書、契約書をお持ちください。

次にauショップにモバイルルーター本体と保証書、身分証明書、契約書を持っていきました。
auショップで修理は受け入れてもらえたのですが、モバイルルーターの代替機はないとのこと。

auショップによって代替機の有り無しが異なるようなので注意が必要です。
ショップが混雑していると結構待たされるので事前の予約来店がおすすめです。

結果、1週間ほどで新品のモバイルルーターと交換してもらえました。

広告

「Wi-Fi周波数設定」を「2.4G,5G個別」に変更する

説明書に記載されていたのですが、「Wi-Fi周波数設定」が「2.4G,5G同時」の設定だと電池消費が早くなるようです。したがって、「2.4G,5G個別」に設定しました。具体的な設定手順は下記の通りです。

  1. モバイルルータ本体の液晶画面で右へスライドする
  2. 「設定」をタップする
  3. 「LAN側設定」をタップする
  4. 「Wi-Fi周波数設定」をタップする
  5. 「2.4G,5G個別」をタップする

「ロングライフ充電」をONにする

「ロングライフ充電」をONにすることで、電池残量が約70%で充電が停止されます。
これによって、頻繁な充放電による電池パックの劣化が早まることを防止できると説明書に記載されていました。具体的な設定手順は下記の通りです。

  1. モバイルルータ本体の液晶画面で右へスライドする
  2. 「設定」をタップする
  3. 「ECO」をタップする
  4. 「ロングライフ充電」をタップする

まとめ

本記事ではWiMAXルーターのWX06の電池の持ちが悪いと感じてやったことについてご紹介しました。
説明書に記載されている連続通信時間より電池が持たないと感じている場合、まずは設定変更してみる。無償保証期間内であれば契約しているプロバイダーに問い合わせるのがおすすめです。
もし修理が有償になるようであれば、電池パック、モバイルバッテリーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よかったら、下のボタンからフォローやシェアをしていただけるとうれしいです。

コメント