LINEなどのSNSアプリ内でのYouTubeの視聴を制限する方法(Android編)

リスク管理

フィルタリングアプリをインストールしていても、LINEなどのSNSアプリ内でYouTubeを視聴することでフィルタリングを回避できるケースがあることをご存知でしょうか。
LINEだけでなく、TwitterやInstagramアプリ内でも同様にフィルタリングを回避できるケースがあります。

LINEに、例えばアダルトなサイトのリンクが送られてきたら、子どもはタップするだけでアプリ内ブラウザーによりサイトを見ることができてしまいます。TwitterやInstagramも、同様にアプリ内ブラウザーでリンク先を見ることができます。

引用元:「教育とICT Online」>「イマドキの若者IT事情」>「第29回フィルタリングで防げないもの」日経BP

本記事ではAndroidでのフィルタリングの回避方法とその対策についてご紹介します。
iPhoneで対策する場合はこちらの記事をご覧ください。

Androidの場合は「AdGuard for Android」(有料、7日間の試用期間は無料)を利用できます。
そのほかのライセンスは「パーソナル」と「ファミリー」の2つがあり、詳細は下記の通りです。

ライセンス動作環境有効期間利用可能
デバイス数
料金入手先
AdGuard for Android
(無料版)
Android14日間1台無料公式
AdGuard for Android
(プレミアム版)
Android不明1台不明公式
AdGuard
パーソナル

(1年版)
Windows/macOS/
Android/iOS
1年3台購入先による公式
楽天市場
Amazonな
AdGuard
パーソナル

(永久版)
Windows/macOS/
Android/iOS
なし9台購入先による公式
楽天市場
Amazonなど
AdGuard
ファミリー

(1年版)
Windows/macOS/
Android/iOS
1年3台購入先による公式
楽天市場
Amazonなど
AdGuard
ファミリー

(永久版)
Windows/macOS/
Android/iOS
なし9台購入先による公式
楽天市場
Amazonなど

「永続利用(永久版)」の場合、Yahooショッピングや楽天市場、Amazonなどから購入したほうがお得なようです。

まずはフィルタリングを回避する方法になります。

広告

フィルタリングの回避方法

  1. LINEアプリを起動する
  2. 任意のルームで視聴したいYouTubeのURLを投稿する
  3. URLをタップする
  4. 該当の動画が表示され、視聴できる

同様にTwitterでもYouTubeを視聴できます。
次にフィルタリング回避への対策になります。

広告

フィルタリング回避への対策

フィルタリング回避への対策について、次の2段階の方法をご紹介します。

  1. LINE上でのYouTubeのプレビューを非表示にする
  2. 「AdGuard」でLINEやTwitterなどからのYouTubeの視聴を制限する

LINE上でのYouTubeのプレビューを非表示にする

LINE上にYouTubeのURLが投稿されるとYouTubeのプレビュー画像が自動で表示されます。
そのプレビュー機能をオフにする手順が次の通りです。

  1. LINEアプリを起動する
  2. 下のメニューの「ホーム」をタップする
  3. 右上の設定アイコン(歯車のマーク)をタップする
  4. 「一般」カテゴリの「トーク」をタップする
  5. 「URLプレビュー」をオフにする

「AdGuard」でLINEやTwitterなどからのYouTubeの視聴を制限する

「AdGuard」という広告ブロックアプリのDNSフィルタリングという機能を使用することで、LINEやTwitterなどからのYouTubeの視聴を制限することができます。

  1. 下記のアプリをインストールし、起動する
    ・「AdGuard for Android
    「AdGuard for Android 」のホーム画面
  2. 左上のメニューアイコンをタップする
    「AdGuard for Android 」のホーム画面
  3. 設定のアイコンをタップする
    「AdGuard for Android 」の設定メニュー
  4. 「DNSフィルタリング」をタップする
    「AdGuard for Android 」の設定画面
  5. 「DNSフィルタをカスタマイズ」をタップする
    「AdGuard for Android 」のDNSフィルタリング画面
  6. 「DNSユーザーフィルタ」をタップする
    「AdGuard for Android 」のDNSフィルタ画面
  7. 右下の「+」をタップする
    「AdGuard for Android 」のDNSフィルタ画面(フィルタリングルール一覧)
  8. 「ルール」に「||youtube」と入力する
    「AdGuard for Android 」のDNSフィルタ画面(ルールテキストを入力)
  9. LINEを起動してYouTubeにアクセスできなくなっていることを確認する

なお、ここまでの対策だとAndroidを使用している本人が「AdGuard」の設定を解除することが可能です。こちらを予防したい場合、「AdGuard」をロックするという方法があります。
ロックする手順は次の通りです。

アプリをロックする手順

アプリをロックするには「アプリロック」というアプリがあります。

アプリロック

アプリロック

DoMobile Lab無料posted withアプリーチ

  1. 「アプリロック」をインストールし、起動する
  2. ロック解除パターンを入力する
    アプリロックのロック解除の設定
  3. 個人情報保護方針と利用規約を確認し、問題なければ「同意して利用する」をタップする
    アプリロックの規約同意のポップアップ
  4. 下へ少しスクロールし、「通用」の「AdGuard」をタップする
    アプリロックのメイン画面
    アプリロックの画面2
  5. 「許可」をタップする
    アプリロックの権限の付与の許可
  6. 「アプリロック」をタップする
    アプリロックの使用状況へのアクセスの許可
  7. 「使用状況へのアクセスを許可」をオンにする
  8. 「許可」をタップする
  9. 「他のアプリの上に重ねて表示できるようにする」をオンにする

以上の手順で「AdGuard」がロックされました。

広告

まとめ

このようにLINEやTwitterなどのSNSではアプリ内ブラウザを使用することで、フィルタリングを回避して未成年者が有害コンテンツを閲覧することもできてしまいます。
対策としては、LINEのYouTubeのプレビュー機能をオフにし、「AdGuard」のDNSフィルタリング機能を使用してフィルタリングを強化する方法があります。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よかったら、下のボタンからフォローやシェアをしていただけるとうれしいです。